デイサービスにおける看護師の仕事

私は老人向けのデイサービスセンターで働いていました。オープニングスタッフだったので、私を含めて現場スタッフはたったの4人でした。うち看護師さんが1人で、相談員さんが1人、そして私を含めた2人が資格のない介護スタッフです。

まずは利用者さんのお迎えから始まります。まだオープンして間もない施設だったので、そんなに多くの利用者さんは来ませんでした。この施設では、バイタルチェックはすべて看護師さんの仕事でした。まだ利用者さんが少ないとはいえ、1人で全員のバイタルチェックをするのは大変そうでした。

次にマシーンを使ってのリハビリを兼ねたトレーニングが始まります。使い方をスタッフが指導して、利用者さんにマシーンを使ってもらいます。看護師さんは事務所でカルテ書きをします。その後昼食介助に入ります。スタッフが4人しかおらず交代でお昼休憩に入るので、昼食介助は基本2人でおこなうことになります。ただ、薬の服用は看護師の仕事でしたので、私たち介護スタッフには出来ませんでした。

その後休憩したのち、今度は入浴介助に入ります。私たち施設の看護師は男性はだったので、入浴介助には参加しませんでした。なぜなら利用者さんが女性の場合、問題があるという判断からです。そしてその後、おやつ介助をして、その後は施設にあるゲームやカラオケなどで好きに時間を過ごしてもらいます。

その間看護師は、利用者さんが持参してきたノートに、その日おこなったリハビリ内容や伝達事項の書き込みをしていました。これも他のスタッフは出来ないことになっていましたので、1人で全員のノートにか書き込みをしなくてはなりません。

そして時間になったら、利用者さんを自宅まで車で送ります。その後、施設の清掃をみなで手分けをしておこないます。そして毎日反省会議がおこなわれました。長い時は2時間以上にもおよびました。そしてやっと業務終了です。

デイサービスでは、必ず看護師さんが在中していないといけない決まりになっています。ですから急に休みの連絡が入った場合は、急遽派遣の看護師さんがやってきてその場を凌いでいました。